skyphoto

マルチコプター空撮アルパインスタイル

甲子山西麓湖沼(exp.2544)

機材を背負って三時間ほど歩いた。フライトは6分を2本。ひさびさに自動帰還モード発動。

f:id:cippillo:20170709151924j:plain

旧世代の機材といって過言ではないファントム2は、今の機材と違って、飛ばしているあいだはどんな写真が撮れているか、まったく分からない。太陽の角度と地図をもとに経験で高度と飛行ルートを考える。
ときには、狙ったものが、まったく撮れていないときもある。

f:id:cippillo:20170709151833j:plain

反対に思ってもみなかった画を得られることも。
偶然によるところも大きく、開けてみないと分からない楽しみは旧型機ならではのものといえる。
f:id:cippillo:20170709151915j:plain


ターゲットは湖沼。
今回は鏡ヶ沼とスミノマ池。スミノマ池を画面中央にかろうじて捉えることができた一枚。後ろに控えた臼のような山塊の迫力。
f:id:cippillo:20170709151928j:plain


さらにスミノマ池に寄った一枚。
f:id:cippillo:20170709151930j:plain


鏡池とスミノマ池、旭岳との位置関係が分かる一枚。
f:id:cippillo:20170709151927j:plain


鏡沼をふところに抱く須立山(左手前のピーク)と三本槍岳(奥の山塊)の位置関係がよく分かる三枚。北から鏡沼を俯瞰している。
f:id:cippillo:20170709151932j:plain
f:id:cippillo:20170709151921j:plainf:id:cippillo:20170709151917j:plain


鏡沼周辺はクマザサの高原になっている。
f:id:cippillo:20170709151919j:plain


鳥瞰図を描く資料にするため、今回はいろいろなアングルのものを残すことにした。
f:id:cippillo:20170709151916j:plainf:id:cippillo:20170709151925j:plain
f:id:cippillo:20170709151922j:plainf:id:cippillo:20170709151914j:plainf:id:cippillo:20170709151920j:plainf:id:cippillo:20170709151926j:plain

ファントム3用プロペラ

ファントム2はもはや石器時代の機材のような錯覚さえ覚える一方、あまりに気軽に使えるので愛着も芽生えはじめている。
今さら、と思いつつ、ファントム3用のプロペラを購入。
メーカー側の説明では、材質と強度も問題からファントム2とファントム3のプロペラは寸法などは同じながら互換性はないとのこと。
逆にいえば強度の上がった3用を2に入れたところで問題はないはず?

f:id:cippillo:20170709150954j:plain

左が純正3用、中が純正廉価版2用、右が純正2用。

f:id:cippillo:20170709150955j:plain

純正2用はネジ部分も金属でしっかりしており、3つの中で重量はいちばん重かった。
f:id:cippillo:20170709150956j:plain


次に廉価版2用。金属部品の有無の違いもあり1gほど軽い。プロペラ自体は、ちょっと、ぺらぺらっとした感じがあるが、実用上は問題なかった。
f:id:cippillo:20170709150957j:plain


次に3用プロペラ。0.3g重い。構造は上と同じ金属ネジなしタイプだが、材質の変更と強度アップがなされているのは確かのようだ。
f:id:cippillo:20170709150958j:plain

ただ、触った感じではあまり違いは分からない。
2用の金属ネジありタイプよりも軽いので、ファントム2への装着は問題なしと判断し、飛ばしてみたところ、今のところ違いは出ていない。

滝川ダム(exp.2532)

秩父の国道沿いにある滝川ダム。ループ橋とダム堰体が織りなす直線と曲線のハーモニーが素晴らしい。
堰体からのドローン飛行は許可が必要。

f:id:cippillo:20170708112249j:plain
f:id:cippillo:20170707113206j:plain
f:id:cippillo:20170708112250j:plainf:id:cippillo:20170708112251j:plainf:id:cippillo:20170708112252j:plain

堤沢ダム(exp.2518)

f:id:cippillo:20170504031210j:plain

ひさしぶりのフライト。山形県新庄市の堤沢ダムではダム手前500mのところでアプローチ路が一般車両通行禁止になっていたので空撮の出番。カーナビと地形とでダムの方角を推定して、ほぼ直上に上げた。
ジンバルなしのファントム2という旧世代の機体だから、そんな経験と勘に頼ってうまくいったときの喜びは大きいが、今の機材ならそんなのも過去のもの。10万少しの機材でもジンバル付きだし、スマホで撮影状況が分かるし、自動で障害物も回避してくれるようだ。
今回のフライトで2つのバッテリーのうち、1号バッテリーが完全にダメになったらしく、機体側がアラートを出してきた。
そろそろ新機材に切り替えか。いつ落ちても惜しくない今の機材も気軽でよかったのだが。

f:id:cippillo:20170504031209j:plainf:id:cippillo:20170504031208j:plainf:id:cippillo:20170504031207j:plain